LAKIA不動産ロゴ

Always by your side.

いつでもあなたのそばに。

【買主様】リフォーム・リノベーションあれこれ

【買主様】リフォーム・リノベーションあれこれ

2021.06.24

株式会社LAKIA COMPANYの徳井です。

今回は、「リフォーム」」リノベーション」についてのお話です。

早速ですが、リフォームとリノベーションの違いについてはご存知でしょうか?

ご存知でない方はぜひこの機会にご覧下さいませ。

まず、【リフォーム】について。

一般的にリフォームとは、壊れた設備の修繕・修理や、古くなった建物の補修の事を言います。

具体的な例を上げると、変色や損耗してしまった壁や天井のクロスの張り替え、外壁の再塗装、畳やふすま等の交換、キッチンやお風呂、洗面台等の水回りの設備の修復や交換等があります。

賃貸マンション等でも、入居者が退去した後に以前の状態に戻す(これを「現状回復」と言います)ことを目的に内装や設備の入れ替えを行います。

つまり、リフォームとは経年劣化や使用により、故障や損耗等があった建物に対し、基本的には「元の新しい状態」に戻す事が目的の工事となります。

対して、【リノベーション】は、「作り変える」ことを指します。

元の建物の状態から大きく改装を行い、内装は、もちろん、間取りや配管等、照明の位置や数も含め、全てを作り変える工事となります。

リフォーム工事は「元通りに戻す」という意味合いが強いのに対し、リノベーションは「元の状態よりも、さらに物件の価値を上げる」ことが出来ます。

以上がリフォームとリノベーションの違いについてのご説明となります。

ただし、リフォーム・リノベーションについて、法律上の明確な違いや規定等は設けられておらず、あくまで「一般的な」言葉の意味についてのお話です。

さて、次はリフォームやリノベーション工事を行うにあたり、注意すべきポイントをご紹介いたします。

まず、「一戸建て住宅」についての注意点です。

ほとんどの場合は、ある程度の築年数が経過した物件に対して行われるリフォームやリノベーション工事ですが、そもそも現状の建物の「規格内」で行わなければならないという絶対的な縛りがあります。

建物の延床面積の増加や、階数を増やす等、建物の規格そのものが変わってしまう工事については「増改築」にあたりますので、自治体への届け出や登記簿の書き換え等、様々な手続きが加わってしまいます。

また、リフォームであれば給排水管の位置に注意しなければならない点、リノベーションであれば建物を支える柱で壊せる部分、壊せない部分等にも注意が必要となります。

中古物件を買ってから、ご自身でリフォームやリノベーション工事を予定されている方は、購入前にしっかりと物件について知り、施工を依頼する工務店等に事前に相談をしておく事が大切です。

続きまして、「分譲マンション」についての注意点です。

基本的な注意点としては、一戸建て住宅と共通していますが、特によく起こる問題についてご説明させて頂きます。

まず、リノベーション工事で間取りの変更をお考えの際、マンション室内の「梁(はり)や柱」の位置をよく確認しておきましょう。

マンションは一般的な木造住宅とは違い、とても大きな梁や柱が建物内に張り巡らされています。

原則として、その梁や柱を取り除くことは不可能ですので、それらを考慮した間取り作りを行わないといけません。

梁や柱の位置によっては、希望の場所にスペースを作れなかったり、エアコンの設置位置に支障が出たり等、完成してから「これだと使いづらい」という事になりかねません。

また、マンションは「占有部分」と「共用部分」に分かれており、室内にある「窓」は実は「共用部分」にあたるのです。

ですので、窓の位置やサイズを変更する事は出来ません。

こちらも間取り変更をする際、非常に重要なポイントとなりますので、しっかりと工務店等と打ち合わせをしてプランニングを行いましょう。

そして、マンションの場合は水回りの入れ替えをする時にも注意が必要です。

先ほどの窓と同じく、実はマンションの壁の中の給排水管設備についても、共用部分の縛りが発生します。

管の口径や規格、場所により設置できる設備のサイズや場所に制限がある場合がありますので、そちらも事前に調査しておき、知っておく必要があります。

リノベーション工事の際、水回りの位置を大きく変える場合には、床面を高くしないといけない場合があったり、そもそも位置を変えることが難しい事もあります。

また、マンションの場合は、それぞれのマンションの管理組合に「工事のための事前の届け出」が必要なケースがほとんどですので、そちらも忘れず工務店等に用意をお願いしておきましょう。

色々と、注意点や制限についてお話をいたしましたが、それでもリフォームやリノベーション工事で出来ることは多く、理想的な住まいに変化させることが出来ます。

日々変わる流行や最新の設備等、お客様の方で事前に色々な情報を調べておけば、まさに唯一無二の、最新の、そして理想の「家」をお作り頂けます。

当社では、リフォームやリノベーション工事も承っておりますが、全てのお客様「やって良かった!」と仰っていただいております。

施工の内容やご予算等についても、しっかりと時間を掛け、よりお客様にご満足を頂ける住まいをご提供させていただきます。

物件を買ってからリフォームやリノベーション工事をお考えの方も、既にご所有の住宅やマンションの工事をお考えの方も、ぜひこの機会にお気軽にご相談下さいませ。

また、当社ホームページにてリノベーション工事の施工例もご紹介しておりますので、ぜひご参考にご覧頂ければと思います。

以上が、【リフォーム・リノベーション】についてのお話となります。

少しでもお客様にご参考として頂き、より良い住まいの実現のお役に立てればと思います。

不動産コラム一覧へ