LAKIA不動産ロゴ

Always by your side.

いつでもあなたのそばに。

【売主様】媒介契約について

【売主様】媒介契約について

2021.05.23

株式会社LAKIA COMPANYの上野です。

本日は、売却を考えておられる方に向けた不動産コラムをご紹介致します。

まず、媒介契約とは何なのか、どういった契約なのかを説明させて頂きます。

○媒介契約とは?

不動産の売却を個人で行うのは簡単なことではありません。

その為、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

この際に結ぶ契約を媒介契約といいます。

媒介契約にはいくつか種類があり、

一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約

の3種類です。

これら3種類、それぞれに特徴がありメリット・デメリットが存在します。

○一般媒介契約

一般媒介契約の大きな特徴は、

複数の不動産会社に依頼出来る点です。

メリット

・他の媒介契約に比べて比較的自由に販売活動を行える。

・複数の不動産会社に依頼できる。など…

デメリット

・指定流通機構(近畿レインズ)への登録が任意である。

・販売状況の報告がない

・人気のエリアなどでない場合集客率が比較的悪くなる為、

 経費と時間をかけ 積極的な販売活動がされにくい。など…

※指定流通機構(近畿レインズ)とは?

国土交通大臣から指定を受けた、

コンピューターネットワークシステムで、

不動産取引の適正化と円滑化を目的としています。

近畿レインズの登録、利用は不動産会社しか行えず、

登録することで、近畿中の不動産会社が登録した物件を閲覧する事が出来ます。

○専任媒介契約/専属専任媒介契約

専任媒介契約と専属専任媒介契約の大きな特徴は、

依頼出来る不動産仲介会社が1社である点です。

メリット

・指定流通機関(近畿レインズ)への登録が義務付けられている。

・販売状況の報告が義務付けられている。

・人気のないエリアの場合でも積極的な販売活動がされる。など…

デメリット

・契約できる不動産会社が一社のため自由度が低くなる。

・契約した不動産仲介会社の力量に左右されやすい。など…

以上がそれぞれの媒介契約の特徴とメリット・デメリットとなります。

不動産売却での媒介契約は売れるか売れないといった点、

又は売却のスピードを左右する非常に重要な契約です。

ご紹介した媒介契約で全ての方がこの媒介契約にすれば必ず売れるという訳ではなく、

依頼された方やその物件によってどの媒介契約が合っているのかが分かります。

しかし、それらを顧慮せず、利益を優先とする不動産仲介会社もあります。

そのため、最も重要となるのは、

契約する不動産仲介会社の選択です。

しっかりと話をした上で、

信頼の出来る不動産仲介会社と契約することが大切です。

最後に…

今回ご紹介させて頂きました、

「媒介契約について」をご参考にして頂き、

少しでも売却を考えておられるお客様のお力になれればと思います。


不動産コラム一覧へ