建売と建築条件付き土地の違い

  • 建売(建て売り)住宅とは

    「建売」とは、土地と建物がセットになって販売されている住宅の事です。
    建築前や建築中にも販売されている場合がございますが、新築一戸建てで唯一「建築が終わった状態で選べる」ことが最大の利点ですね。
    外壁の色や質感、駐車場のスペース、室内の広さや建具の色等、目で見て直接触れて確かめることが出来ます。
    住宅購入は非常に高額なお買い物になるので、しっかりと買うものを確認出来るのは大変重要です。

  • 建築条件付き土地とは

    もしかしたら聞き慣れない方もいらっしゃるとおもいます。
    この「建築条件付き土地」というものは、【売主の指定する建築業者と、一定期間以内に建物を建築する契約を結ぶことが条件となっている土地】です。
    また、建売住宅とは違い、更地の状態での購入となりますので、間取りの変更や室内外の様々な仕様の変更が可能な場合が多いので、買う方のこだわりや要望を建物に反映させることが可能です。
    (ただし、物件によってはある程度仕様等が決められている場合があります。)
    ただし、この「建築条件付き土地」というものは、あくまで「土地」ですので、価格に建物の建築費用が含まれていない事にご注意下さい。