お電話
お問い合わせ

住宅性能保証/地盤保証

住宅性能保証

新築住宅の引き渡しから10年間に、建物の基本構造部分に瑕疵が発見された場合、住宅事業者等が負担する補修費用に対して保険金が支払われます。万が一住宅供給者が倒産した場合には瑕疵補修費用が直接支払われます。
保険がかけられる住宅には一定の基準があるので、工事中に専門の検査員による現場検査が行われるメリットもあります。保険の手続きは、同機構に登録された住宅事業者等の申請により、対象住宅の審査に合格したら同機構から保証書が発行され、住宅事業者から購入者に交付される。

地盤保証

地盤調査または地盤工事の瑕疵に対する、補修費用を保険がサポートします。
地盤調査や地盤補強工事の瑕疵により、住宅が不同沈下した場合に、地盤調査会社等による地盤保証がより確実となるよう、保険等によるバックアップするしくみです。
地盤面とは、建築物が周囲の敷地と接する位置の平均の高さにおける水平面のこと。ただし傾斜地に建てられた建築物で、高低差が3m以内の場合には、その平均の高さを地盤面とする。ただし、建物周囲の地面の高低差が3m超の傾斜地等の場合には、3m以内ごとに区分して、それぞれの区分内の平均の高さを地盤面とする。

お問い合わせ
Fudousan Plugin Ver.5.0.2